在宅医療のことを知ると人生にポッと火が灯る
LifeWell えーきちブログ
1問1答 基礎知識

1分で読める! 1問1答式 在宅医療&介護の基礎知識 40歳〜64歳で要介護申請ができる疾患名

1分で読める! 1問1答式 在宅医療&介護の基礎知識

家族に介護が必要になった!

初めて介護が身近になったあなたに贈る「1分でわかる」講座です。

介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要があります。

65歳以上の人は、病名に関係なく介護が必要な状態であれば要介護申請ができますが、40歳~64歳の人は、特定の病気(疾病)でなければ要介護申請ができません。

今回は、この40歳〜64歳の人が介護保険の要介護申請ができる特定の病気(疾患)についてです。

質問!40歳〜64歳で要介護申請ができる疾患って何?

答:介護保険料を支払っている40歳~64歳の人(第2号被保険者)が、介護保険の要介護申請ができる特定疾患はこの16疾患です。

1 がん末期

2 関節リウマチ

3 筋萎縮性側索硬化症

4 後縦靭帯骨化症

5 骨折を伴う骨粗しょう症

6 初老期における認知症

7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソンびょう

8 脊髄小脳変性症

9 脊柱管狭窄症

10  早老症

11  多系統萎縮症(線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群・オリーブ橋小脳萎縮症)

12  糖尿病性神経症、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症

13  脳血管疾患

14  閉塞性動脈硬化症

15  慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎を含む)

16  両側の膝関節または股関節に著しい片毛を伴う変形性関節症 

要介護認定とは、要支援1・2、要介護1・2・3・4・5の介護認定を受けること。

認定は、お住まいの市区町村に申請後に調査を受け、1ヶ月ほどかかります。

申請をし、認定調査を受けたからと言って、必ず要介護・要支援の判定が出るわけではありません。

いずれの要介護状態にも該当しない、「非該当(ひがいとう)」になる場合もあります。

「非該当」の場合、介護保険サービスは利用できません。

1分で読める! 1問1答式 在宅医療&介護の基礎知識 介護保険介護保険とは何か?概要が簡単にわかります...
ABOUT ME
えーきち
永吉裕子(ながよし ゆうこ) 【介護支援専門員(ケアマネジャー)、鍼灸師、あんま・マッサージ指圧師資格取得】 在宅医療を主体とする医療機関に13年間勤務。 その間、たくさんの在宅患者さんやご家族と出会い、全国の素晴らしい在宅医療関係者と出会いました。 在宅医療で可能になる「生き方、逝き方」をすべての日本人に知ってもらいたい。 「最後の日まで、自分らしく生きる」ために、在宅医療と上手に付き合ってもらいたいと考えています。