在宅医療のことを知ると人生にポッと火が灯る
LifeWell えーきちブログ
在宅医療キーワード解説

特掲診療料の施設基準等別表第7に掲げる疾病等 とは

特掲診療料の施設基準等別表第7に掲げる疾病等は、以下の20疾患になります。

  1. 末期の悪性腫瘍
  2. 多発性硬化症
  3. 重症筋無力症
  4. スモン
  5. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  6. 脊髄小脳変性症
  7. ハンチントン病
  8. 進行性筋ジストロフィー症
  9. パーキンソン病関連疾患
    (a)進行性核上性麻痺
    (b)大脳皮質基底核変性症
    (c)パーキンソン病(ホーエンヤールの重症度分類Ⅲ度以上かつ生活機能障害度がⅡ度またはⅢ度)
  10. 多系統萎縮症
    (a)線条体黒質変性症
    (b)オリーブ橋小脳萎縮症
    (c)シャイ・ドレーガー症候群
  11. プリオン病
  12. 亜急性硬化症全脳炎
  13. ライソゾーム病
  14. 副腎白質ジストロフィー
  15. 脊髄性筋萎縮症
  16. 球脊髄性筋萎縮症
  17. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  18. 後天性免疫不全症候群
  19. 頸髄損傷
  20. 人工呼吸器を使用している状態(ASVは含まれない)

該当すると特例がたくさんあります!

特掲診療料の施設基準等別表第7に該当すると、次のような特例があります。

  • 訪問診療が週4日以上医療できます(原則は3日)
  • 要介護認定の人の訪問看護が、介護保険ではなく医療保険になります。
  • 医療保険の訪問看護が週4日以上利用できます(原則は3日)
  • 医療保険の訪問看護も、毎日訪問する必要があれば3カ所の訪問看護ステーションが利用できます(原則は1カ所)
  • 入院中に外泊して自宅にもどる場合、訪問看護を利用できます
ABOUT ME
えーきち
永吉裕子(ながよし ゆうこ) 【介護支援専門員(ケアマネジャー)、鍼灸師、あんま・マッサージ指圧師資格取得】 在宅医療を主体とする医療機関に13年間勤務。 その間、たくさんの在宅患者さんやご家族と出会い、全国の素晴らしい在宅医療関係者と出会いました。 在宅医療で可能になる「生き方、逝き方」をすべての日本人に知ってもらいたい。 「最後の日まで、自分らしく生きる」ために、在宅医療と上手に付き合ってもらいたいと考えています。